就活マンは“どうやって受ける企業を調べたのか”!?

 『就活攻略論』とは!?

王道の就活論はみんなが知っている情報。
だから価値が薄い。
それを察知して、大学1年生から就活を独自で研究。
結果、偏差値50の中堅大学から、内定22社獲得。
倍率800倍の企業に入社後、1年で退社し独立。
座右の銘は、『就活本の情報なんて糞くらえ。』
そんな僕、就活マンだけが伝えられる就活の裏技を“超毒舌で解説”します。
(おかげさまで200記事・10万PV突破しました<(_ _)>)

皆さん、こんにちは!
ジムの後に体が熱を放って暑いので半袖でスタバに行ったら店員さんに「半袖寒くないですか?(笑)」と言われる恥ずかしさに更に熱を放つ、就活マンです。

 

ではでは、本日は就活マンはどうやって受ける企業を探していたのか、そんな話をしたいと思います。

つまり企業探索の仕方ですね。

率直に言うと、企業探索は早い時期にすればするほど就活に有利になります。

3月のマイナビ・リクナビの解禁日まで企業探索をほとんどしない人が多いですが、ぶっちゃけ詰んでるんだよなー。

だってそこから企業を調べても、どんな企業が自分が興味あるか考えたりしていると本当に多くの時間を取られてしまう。

3月以前にもう企業探索を終えて、エントリーシートを改良し続けたり、面接の練習をしまくっている人に勝てる訳ありません。使える時間がその分少ないので…。

では実際にこの企業探索としてオススメの方法を1つご紹介しますね。

複数紹介すると結局やらないもん。笑

僕が企業探索でとにかくオススメするのが、これです。

就職四季報

f:id:shukatu-man:20171018221532p:plain

(引用画像:https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E5%B0%B1%E8%81%B7%E5%9B%9B%E5%AD%A3%E5%A0%B1&rh=i%3Aaps%2Ck%3A%E5%B0%B1%E8%81%B7%E5%9B%9B%E5%AD%A3%E5%A0%B1

これには本当にお世話になったなぁ。

大企業の探索に最も向いている本だと断言します。

上場企業が主に記載されており、会社概要や業務内容だけでなく、平均年収、平均継続年数、残業時間、内定倍率、有給消化率まで記載されています。

年収・業界・働きやすさなど自分が重視する項目ごとに企業を取捨選択できる点が非常に便利。

具体的な使い方ですが、

僕の場合、例えば年収は重視していたので、平均年収600万円以上の企業をまずはピックアップしました。

具体的にはピンクの付箋を張っていきます。

次に重要視する項目として、残業の少なさも重視していました。

これは副業として様々な仕事を空いた時間でしたいと考えていたから。

残業が多いと自分の時間持てないからね!

残業時間の月の平均が20時間以内の企業で更にピックアップ!

月の平均残業時間が20時間の企業に黄色い付箋を貼ります。

この時点で、ピンクと黄色の付箋が張ってある企業は、お金と時間という2つの軸を満たすのです!

ちなみにオススメの付箋ですが、細くて透明なものがいいのでこちらがおすすめ!

f:id:shukatu-man:20171018214611p:plain

(引用画像:https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E4%BB%98%E7%AE%8B

また、就職四季報を本当に活用するためには、書いてある数字が何を意味するのかをしっかりと把握することが非常に重要。

どうゆうことかと言うと、一番簡単な『平均年収』を例に挙げて説明しますね。

就職四季報を開くと、このような感じで書いてあります。

f:id:shukatu-man:20171018221858p:plain

(引用画像:https://matome.naver.jp/odai/2142206614422547301/2142207070926418303

平均年収は右上の部分に書いてありますよね。

560万円とあります。

これ、何が560万円か分かりますか。

入社してすぐに560万円!?

まぁ、残念なことにそんな訳ないのですよ。

560万円の横にカッコで(平均29歳)と書いてありますよね。

これはつまり、29歳の社員の平均年収が560万円ですよ!

ということを表しているのです。

一番簡単に理解できそうな、平均年収でさえも、その数字の意味を理解するにはコツがいります。

しかし、裏を返すと、読んで理解するのにコツがいるからこそ、就職四季報を使いこなしている人はいない!!

と強く言うことができます。

この就職四季報に書いてあることを理解するだけで、超スピードで自分の価値観に合った大企業をピックアップできるので、就活マンのブログを読んでいる方は必携です。

読み方ですが、ブログで書くと糞面倒くさいので、こちらのサイトを参照くださいませ。

就職四季報の見方,読み方!就職四季報で内定率を上げる方法 | 就活まとめ内定リンク

非常に分かりやすく、説明されていますから!

就職四季報の読み方に関しては、就活マンサロンでも無料講義として開催していくつもりなので、ぜひお楽しみに!

どんな企業に付箋を貼っているのか、みんなで見せ合うようなイベントもサロンで開催していこっかな!面白そう〜!

ではでは、就職四季報を使い倒して上場企業(大企業)をまずは企業探索してみてくださいね。

それでは!

今日も読んでくれて、ありがとうございまシューーカツ!!

 


就活マンの『就活攻略論』はこちらから!
http://shukatu-man.hatenablog.com/

この記事が気に入ったら
いいね !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

【就活マン】日本唯一の就活攻略家として活動中。 中堅大学から倍率800倍の大企業に入社するも、1年で独立するという異色のキャリアを持つ。