OpenESの作成をしよう!③【自己PR(400文字)】の書き方について!

はじめに

就活マン
今回でOpenESの書き方は第三弾となります。
前回は、研究内容・ゼミ内容の書き方について解説しましたが、今回は自己PRの書き方についてです。

この自己PRは、OpenESの中でも400字以内という非常に内容を注視される重要な項目となります。

しっかりと“記憶に残る書き方”を実行していきましょう!

自己PRの書き方

自己PRはどんなことを書けば良いのか

自己PRと言うと、何を書けば良いのか迷ってしまう人が多いのではないでしょうか。

これはなぜかと言うと、自己PRは何を書いても良いからなのです。例えば長所と言われれば書くことは長所についてですが、自己PRと言われると『長所』や『夢』、『過去の面白い話』まで何でも書くことができます。

何でも書いていいからこそ、何を書けば迷ってしまうのですね。

しかし、そうは言っていても迷ってしまうだけなので、私がおすすめする書くべき内容についてお話しましょう。

それは『入社したらどんな価値を提供できるのか』ということです。

OpenESでは他の質問項目で、趣味や学業の内容、学生時代打ち込んだことを話します。

そもそもOpenESを見て企業は何を判断するかというと、「この学生は自社に価値ある人材かどうか」という点です。

「趣味は◯◯だから自社に合うかな。」「◯◯に打ち込んでいるから自社の仕事もできそうだな。」こんな風にあなたの自社での価値を判断しようとするのです。

就活マン
このように面接官の立場に立って考えてみることは、就活において非常に重要ですよ!

では自己PRという質問項目で、『私はあなたの会社にこんな価値を与えますよ!』とこちらから分かりやすく提示してあげれば良いのです。
よって私は、自己PRにて『入社したらどんな価値を提供できるのか』を書くことが非常に有効だと考えておりますし、実際に評価されるのは確実です。

『入社したらどんな価値を提供できるのか』の書き方

就活マン
ここをしっかりと押さえておけば、OpenESだけでなく、今後どんな自己PRについても書くことできます!

ぜひ自分のモノにしてくださいね!

OpenESにおける自己PRの欄は、400字以内です。あまりに短いのは説明するまでもなくNGなので、300字以上で書きましょう。

ではどのように書いていくのか、私のおすすめの構成は次のような構成です。

  • 自分が考える『世の中の企業における大切な要素』を書く
  • 自分のこんな経験と長所から、その価値を提供することができる

これだけです。

詳しく説明しますと、まず自分が考える『自分が考える『世の中の企業における大切な要素』』を書きます。

例えば、「笑顔。理由は社員みんなが笑顔だと、意見のやりとりが活発になるから!」「相手の立場に立つこと。理由はこれからの日本ではもっとお客様に寄り添うサービスが重要になってくると思うから。」「発想力。理由は今まで全くなかった新しいサービスの提供は企業の価値を高めるから。」などなど、自分が考える『企業における大切な要素』を書きます。

そして次に、「私はそんな企業における大切な価値を提供できるぞ!!」ということを示していくのです。

その際に、自分のこんな経験からこんな能力を持っているので、その価値を提供できるという流れにして、実例を入れると説得力が増していきまう。

少し理解が難しいかと思うので、1つだけ例を挙げましょうか。
こんなイメージです。

自己PR

【前半:自分が考える『世の中の企業における大切な要素』を書く】私は企業において、今後『相手の立場に立つことが非常に重要になってくる』という考えを持っています。理由としましては、これだけ世の中にサービスが氾濫している中で、お客様に選んで頂くとなると、“本当に必要とする価値”を提供する必要があります。少しでもお客様の求めているものとズレていれば、他で代替されてしまう。そんな世の中で、価値を提供するためには、自らがお客様の立場に立ち、必要な価値を見極めることだと思うのです。
【後半:自分のこんな経験と長所から、その価値を提供することができる】私は、相手の立場に立つ重要性を痛感してきました。何気ないことですが、誕生日のプレゼント一つとっても、渡す相手の立場に立って、『今、何が欲しいか』と徹底的に考えてみる。例えば、いつも寝癖が気になっているから、風量の強いドライヤーをあげると非常に喜んでくれる。こうした出来事の中で、『相手の立場に立つこと』の重要性を学びましたし、これは企業に入社後も私が提供できる価値として徹底していきます。」(399字)

いかがでしょうか。
よく「私には、特別な経験がないから書けません!」という人がいますが、友達に誕生日プレゼントをあげる経験は、誰にでもありませんか。

このように何を書けば良いのかを明確にすることで、面接官に対してしっかりと自分の能力をアピールすることができます。

自己PRの鉄則

そして最後に自己PRを書く際に重要な鉄則をお伝えします。

  1. 他人が書かないことを書いて記憶に残す
  2. 事実や出来事ではなく自分の考えをベースに書く

以上の2つです。

自己PRの書き方は上記の2点を把握しておくことが重要だと、私は考えています。

①他人が書かないことを書いて記憶に残す

OpenESは質問事項の内容や字数などの形式が、すべての人で一緒です。

つまり去年の就活生も全く同じ形式で書いており、OpenESを採用している企業からすれば、OpenESを見ることに飽きているのです。(笑)

そんな中で、誰でも書くような内容を書けば記憶に残らないことは当然です。

先程挙げた実例の中で、友達にドライヤーをプレゼントするという何気ない日常についての具体例を挙げました。

これには実は他人が書かないことを書くというポイントが詰まっています。

多くの人は自己PRとして特別な体験(留学やインターンシップなど)を書こうとします。

すると、多くの人が特別な体験を書くので、特別な体験こそがありきたりな回答になるという逆転の現象がESでは起こりがちです。

私はこれを存分に利用して、就活をおこなっていました。

就活マン
留学経験を、本人は特別なことだと思って自慢げに話すけれど、就活生全体としては非常に多くの人が留学経験を話す。結果、留学経験がありきたりなこととして面接官に飽々されることも。これが特別な体験の逆転現象!

皆が特別な体験を言おうとするから、あえて日常のありきたりなことを話し、そこに自分なりの考えや価値を付与する。すると他人が言わないような面接官の記憶に残る話となるのです。これは絶対に覚えておいてください!

②事実や出来事ではなく自分の考えをベースに書く

次に、面接官が読んでいて眠くなるESの特徴を覚えてください。

それは物語のように事実や出来事をつらつらと書いてある文章です。

面接官はESを読んで、あなたの価値を判断しようとします。
そんな中で、過去の出来事ばかり書いてあったり、アルバイトで売上が2倍になったという事実ばかり書いてあっては眠くなるのは当然です。面接官は物語を読みたいわけではないのですから。

アルバイトで売上を2倍にしたのなら、なぜそうなったのか!どんな工夫をしたのか!それで自分は何が重要だと思ったのか!そんな自分の考えをベースに書きましょう。あなたの考えや、オンリーワンの部分を面接官は知りたいのです。

 

就活マン
いかがでしたか?
自己PRは面接官がしっかりと見る質問項目です。だからこそ、自己PRで他人を圧倒して、内定を勝ち取りましょう!

「自分を動物に例えると?」などの全然されないような質問の答えを頑張って考えている暇があったら、こうした重要な質問に時間を費やしていきましょう。意味のない行動ばかり取る人が多いので、忠告をしておきました!

この記事が気に入ったら
いいね !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

【みんなの就活力。運営者】就活コンサルタント&就活専門ブロガーとして活動中。 中堅大学から倍率800倍の大企業に入社するも、1年で独立するという異色のキャリアを持つ。