“教養が深い”人は、面接で圧倒的に有利になる!

はじめに

就活マン
私が就活をしていた時に、学歴は低いのに話す内容が面白いな!興味深いな!と思う人が数人いました。

集団面接では複数人で行う面接なので、他の学生の話も聞く事ができます。
そんな中で、素晴らしい話をする人と出会う機会がありました。

面接が終わった後に、「なんでそんなに話す内容が面白いの?」と聞くと皆が教養を深める努力をしていたのです。

教養を深めるとは

教養を深めるとは、簡単に言うと『物事への考えが深いこと』だと私は考えています。

就活ではエントリーシート、面接などにおいて“考えが深いこと”は評価される非常に重要なポイントなのです。

まだ日本では学歴で見られてしまう傾向は間違いなくあります。

しかしながら、『ギャップ』という言葉を皆さん知っていますよね。

学歴が低くとも、物事への考えが深い。つまり教養が深いとなると、面接官に対してギャップを見せることができます。
これは良いギャップですよね。

反対に言うと、学歴が高いのに、話す内容がペラペラであるような教養のない人は悪いギャップを与えてしまい、全く評価されないのです。

考えを深くするためにするべきこととは

考えを深めるためにするべきこととして、簡単な方法があります。

それはすべての物事に対して『なぜ?』と問いかけることです。

むしろこれだけです。これはどういうことかと言うと、例えば道を歩いてて信号機がありますよね。

信号は“なぜ”赤と黄色と青なのか?そう考えてみたことはありますか。

世の中には色々な「なぜ?」があり、全てには理由があるものです。信号を開発した人はすごく考えてその三色にしたのです。

このように、今後の生活の中で「なぜ?」の回数を増やす努力をしてください。

すると就活の際に、自分がなぜそう思うのか、なぜこの会社にしたのか、なぜこの会社に魅力を感じるのか、なぜ自分の長所はこれなのか、なぜあの人の話は面白いのか・・・などなど考える癖がついてきます。

深い考えが癖になっている人の話は面白い

このように考える癖がついている人は、就活における面接で面接官と深い会話ができるようになります。

というのも、面接官は面接で「なぜ?」を使ってあなたについて深掘りしてきます。

その際に、考える癖がついている人は日頃から深い考えをしているので、すぐに答えることができます。
なぜと考えることが当たり前になっているから、なぜと聞かれることも当たり前であり、対応が非常にスムーズになります。

さらにそういった人の回答は他人が言わないような、考えないようなことを言うので面白く、面接官から非常に評価されるのは当然です。

皆さんも、ぜひ今日から「なぜ」を習慣にしてみて、スマホで答えを見つける癖をつけてくださいね!

 

就活マン
学歴が低いのに、考えが深い!

この良いギャップは面接において、非常に力を発揮し、簡単に東大出身者よりも評価されることができます。

ぜひギャップ作りに打ち込んでみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)