SPI・テストセンターなど就活で出会う【筆記テスト】一覧!

はじめに

就活マン
就活では数々のテストがあります。
面接やエントリーシートの対策だけではいけません!

今回の記事では、そんな就活中に出会うテストをご紹介します。
まずはどんなテストがあるのかを把握しておくだけでも、対策に向けて動くことができますよね。

就活における筆記テストの重要性

「エントリーシート」と「面接」だけに注目し過ぎている!

「就活といえば?」と聞かれて、皆さんは何を想像しますか。

多くのまだ就活を始めていない大学生は、「面接」「エントリーシート」「自己分析」などと答えると思います。

しかし、例えば面接に関して言うと、そもそもエントリーシートや筆記テストを通過しないと受けられないことがほとんどです。

就活にも筆記テストがあるのです。

この筆記テストを通過しなければ、面接のステージにも立つことはできないのです。

それにも関わらず、多くの学生はそもそも就活における筆記テストの重要性を理解しておらず、就活が始まってから「もっと早く始めておけば良かった」と後悔するのです。

筆記テストを通過しなければ面接も受けられない!

もう一度言います。

例え面接が得意でも、素晴らしい経験をしていたとしても筆記テストがうまくいかなければ、そもそも面接を受けることはできません。

この言葉を聞いただけで、いかに就活において筆記テストが重要か分かりますよね。

就活における筆記テスト一覧

①SPI

新卒採用の「適性検査」の定番として知られるSPI。SPIとは、Synthetic(総合的な) Personality(個性・性格) Inventory(評価)の略で、企業が就活生の能力を測る筆記試験として、現在は1万社以上が導入しているという。

(引用:はたラボ http://www.pasonacareer.jp/hatalabo/entry/2016/07/12)

『SPI』というテストがあります。

このテストは中学生レベルのテストを想像してくれれば良いと思います。

このSPIに関してですが、引用文にもある通り、1万社以上の企業の筆記テストとして採用されています。

つまり、就活をするにあたってほとんどの人はこのSPIを受けることになると言っても過言ではありません。

そして、こちらのSPIテストへの対策はとにかく問題を解くのが一番です。実際に問題を解くことで、SPIテストがどんなものかを把握することができます。

就活マン
おすすめのSPI問題集をご紹介します!

▷こちらのSPI本をまずは第一冊として解くのがおすすめです!1日10分でも構いません。今日から始めましょう!

主要3方式<テストセンター・ペーパー・WEBテスティング>対応】これが本当のSPI3だ! 【2019年度版】

②テストセンター

テストセンターは、テスト会社が用意した会場に出向いて、パソコンでSPIを受検する方式です。受検者自身が自宅のパソコンなどで受検予約を行い、性格検査を受検してから会場で基礎能力検査を受けます。基礎能力検査の実施時間は約35分で、同じ時間内に言語と非言語が実施されます。

(引用:SPIノートの会 http://www.spinote.jp/spi/testcenter01.html)

続いてテストセンターですが、大手企業のテストとして採用されていることが多いテストです。

このテストは専用の試験会場まで行って、パソコンにてテストを受けるというものです。

SPIとは出題される問題の内容や評価方法も異なるので、SPIとは別でテストセンター専用の問題集を解く必要があるでしょう。

就活マン
こちらのテストセンターに関してもおすすめの問題集を紹介します!
これが本当のSPI3テストセンターだ! 【2018年度版】

SPIと同じシリーズの問題集なので、進めやすいかと思いますよ。

③玉手箱

「玉手箱」は、ペーパーテストの「CAB」や「GAB」などで知られる日本エス・エイチ・エル(SHL社)のWebテストです。

玉手箱は、自宅のパソコンで受ける「自宅受検型」のWebテストとしてトップシェアを誇っています。大手・人気企業で広く実施されているWebテストであり、対策が欠かせません

(引用:SPIノートの会 http://www.spinote.jp/tamatebako/)

玉手箱と聞くと、浦島太郎!?と思うかもしれませんが、こちらも就活におけるテストの一つです。

玉手箱は自宅のパソコンで受験するテストでWEBテストとも呼ばれています。

こちらも専門の問題集があるので、どんどん問題を問いて、出題される問題の理解を深めましょう。

就活マン
おすすめの玉手箱の問題集はこちらです!
とにかく1問でも解くことが対策になります。毎日5分!玉手箱の問題集を解きましょう!

必勝・就職試験! 【玉手箱・C-GAB対策用】8割が落とされる「Webテスト」完全突破法【1】【2019年度版】

筆記テストの対策について

今回ご紹介した3つのテストは、とにかく就活において避けては通れない壁となります。

しかしながら、筆記テストはやればできます!!

毎日5分でも良いので、3つのテストに関して毎日15分(5分×3冊)時間をつくって、就活が本格化する前に、習得しておきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)