就活は友達とやるべき?作成したエントリーシートを友達に添削してもらうための3つの手順!

はじめに

就活マン
就活を友達とやる!と聞いて皆さんはどう思いますか?
「就活は自分だけで行うものである。」、「他人の意見は取り入れない。」、「自分だけの戦いだ。」と思っている方も多いかと思います。

私自身も就活の大部分は自らの考えだけで行動しました。
しかしながら、『友達はあなたのことを一番に知っている存在である』という認識を持つことで、友達を良い意味で利用することができます。

ぜひこの記事を読んで、就活を友達とやることのメリットを知ってください!

友達は就活における一番の助っ人

友達と就活を協力して行いましょうと言えども、就活を始めると、早くに内定を取得した友達や選考がうまく進んでいる友達を妬んでしまうという場面も多いと思います。

しかしながら、それは全くの筋違いです。
そもそも友達が早期に内定を獲得したことと、自分が内定を取れないことは全くの無関係ですよね。
もちろん、就活がうまくいっていない人に対して自分の内定を自慢するような友達は論外でしょうが。

一方で、見方を変えると就活では友達が一番の助っ人となる可能性も大いにあります。
その理由ですが、『友達こそあなたのことを一番に理解しているから人である』ためです。

就活ではエントリーシートや面接を通して、『私はこういう人間です!』とうまく伝えることが重要となります。

しかし、人間は意外にも自分のことを理解していない生き物ですから、いつも周りにいる友達に自分について教えてもらうことで効率良く「私はこういう人間です!」ということへの答えやアドバイス、ヒントをもらうことができます。

友達に自分のことを教えてもらうということですね!

友達にエントリーシートの添削をしてもらう手順

では実際にエントリーシートを作成したら、友達から「お前はこうゆうやつだ!」「もっとこういうことを言った方がお前のことを理解して貰えるのでは?」ということを聞き出すために、エントリーシートを添削してもらいましょう。

①エントリーシートを印刷しよう

まずは自分が実際に書いてみたエントリーシートを仲の良い友達の数だけ印刷しましょう。

「エントリーシートを添削して欲しいのだけど!」と友達に頼んでおきながら、エントリーシートをデータで送ると受け取った方も添削しにくい。

やはり紙で印刷し、直接意見を書き込んでもらった方が友達としても添削しやすいですし、自分が添削された内容を確認する際にも読みやすいため、必ず紙に印刷して友達に渡しましょう。

②本音でのアドバイスを求めよう

何度も言いますが、エントリーシートは面接官に「私について」を知ってもらうための手段です。

それをわざわざ友達に添削してもらうのは、『友達しか知らない「私」』を把握するためです。

添削してもらう友達には、本音でアドバイスを求めましょう。
私の良い面だけでなく、悪い面、直して欲しいところ、好きなところなど、怖がらずに恥ずかしいと思わず本音を貰うことが重要です。

③添削で得たヒントを元に、もう一度エントリーシートを作成しよう

いつも近くにいる友達から貰った添削は、就活における宝です。最高の武器です。

しかし、それらはまだ材料に過ぎません。しっかりと自分のエントリーシートに落とし込んでいく必要があります。

友達からの意外な指摘や、この表現の方が自分のことが面接官に伝わるかもしれない!といった発見を、どんどんエントリーシートに落とし込んで、改良していくのです。

すると、面接官に伝わりやすいエントリーシートへと進化していきますよ。

友達だけでなく親からのアドバイスも有効

就活ではいかにして自分のことを理解するかが重要になりますので、自分について知っている友達の他にも、あなたのことをずっと見てきた両親からも大きなヒントやアドバイスを得ることができます。

私の場合ですが、特に『短所』に関しては、親からのアドバイスが非常に参考になりました。

自分では、「集中力が長続きしない」という短所を考えていたのですが、それを親に話したところ「あなたは自分の興味のある分野に関しては、脇目もふらずに集中するけれど、興味のない分野に対して集中力が続かないのは昔からだよ。」という的確なアドバイスを貰ったのです。

こうしたアドバイスを元に自分でも考えてみたのですが、たしかに興味のあるものに対しては集中力が全く衰えない。これは、自分が将来好きなことだけをやっていくフィルターの役目もしているのではないかというところまで考えが深まりました。

このように、自分のことをずっと見てきた両親からのアドバイスは自分の根本的な性格を知る手がかりになることも多いので、照れずに積極的に聞いてみましょう。

 

就活マン
いかがでしたか。
とにかく自己分析は、自分だけでなく、周りの人を利用することが重要です。
『自分のことは自分ではよく知らない』ということを理解しておきましょう。

またエントリーシートはほぼ全ての企業の選考で使用されます。
友達や親からの添削を元に1点でも良いものに日々磨いていくことが重要です!

この記事が気に入ったら
いいね !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)