【就活】そもそも自己分析とは何か?自己分析の目的や方法を知る前に明確にしよう。

自己分析を始める理由

自己分析は大学に言われてスタートする

就活と言えば、まず始めに多くの学生が行うことに自己分析があります。

そもそもなぜ多くの学生が自己分析を始めるかと言うと、ほとんどの大学では就活対策を始める!となった際に、まず自己分析を行うことを推奨するからです。
私の通っていた私立大学でも、自己分析講座や自己分析シートの提出なるものが半強制的に学生に課されていました。

ほとんどの学生は、こうしたタイミングで自己分析を行うことになりますが、そもそも自己分析とは何なのでしょうか。

自己分析とは何か

サイトまとめ

そもそも自己分析とは何か。就活を始めるまで、馴染みのない言葉だからこそイメージがつきにくいですよね。

実際に『自己分析』という言葉は曖昧なので、様々なサイトで定義が異なっています。
まとめてみましょうか。

就活における自己分析とは、自分の特徴や長所・短所、価値観を把握・分析することで就活での『強み』を見いだすことです。

マイナビ新卒紹介
https://shinsotsu.mynavi-agent.jp/knowhow/article/what-is-self-analysis.html 

自己分析とは、「自分を探る」作業のことです。就活の際の自己分析とは、「どんなシゴトがしたいか」「どんなシゴトが自分に向いているか」「どんな会社に行きたいか」を認識・理解することといえます。

コトバンク
https://kotobank.jp/word/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E5%88%86%E6%9E%90-802450

自己分析とは、自分を理解することです。「自己分析」という仰々しい名前が一人歩きしていて就活生を威圧していますが、結局は「自分を理解する」ことが自己分析です。

外資就活
https://gaishishukatsu.com/archives/1893

自己分析とは自分を理解すること

3つのサイトが定義する自己分析を説明しましたが、簡単に言うと自己分析とは『自分を理解すること』です。

『自分を理解すること』を更に就活を目的として分解すると、『企業を選ぶこと』と『自分をアピールすること』と言えます。
つまり次のことを明確にするために自己分析をするのですね。

企業を選ぶこと

  1. 自分はどんな企業に入社したいのか。
  2. 自分はどんな企業が合っているのか。(どんな職種が合っているのか。)

自分をアピールすること

  1. エントリーシートに書けるような経験を思い出す。
  2. 人と違うことをアピールできないか考える。

 

これらを達成するためにおこなうことが自己分析と言うのです。

この記事が気に入ったら
いいね !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)