『非日常を生きることで「好き」は見つかる』 土屋 勇人さん 

職業は何をされているのですか?

海外の服の輸入バイヤーを行っています。本当にその地方でしか展開していないようなアパレルブランドの服を日本に持ってきて販売するという仕事です。
また他にも、知り合いとの繋がりの中でモデルも行っています。他にもイベントの司会セミナーの講師をやることもあります。

なぜ今の職業をされているのですか?

もともとイタリアに1年間行っていた経験がありました。そこでイタリア横断旅行を組んで行った際に、最初に行ったナポリでスリの被害に遭いまして…。
その時に買ったばかりの13万円の一眼レフカメラも盗まれたんですね。しかし、なんとかもとの街に帰ることができ、宿泊先のイタリアの友人にその辛い思いを相談しました。
するとイタリア人の彼は「モノや情報は買えるよね。しかし君は若いんだ。たとえそういった辛い出来事があったとしても時間を味わって謳歌する。それが最も重要なことだろう。」そう言いました。その時に、一瞬一瞬の時間が最も大切だなと。この考えはまさにラテン系民族ならではの考え方だなと思いましたね。
この出来事を機に、イタリアがとっても好きになったんです。そうしてイタリアと日本を繋ぐ仕事が何でも良いからしたいと思うようになりました。
イタリアと日本を繋ぐ仕事と考えた時に、僕の中で輸入バイヤーを通して、イタリアの魅力を伝える。同時に日本の良さを客観視することができると思い、今の仕事をはじめました。つまり“海外の素晴らしさを知らせることで母国の素晴らしさを伝える”という思いが僕を動かしています。

仕事への考え方はどんなものがあるのですか?

僕が大切にしている考えとして『人生をよりクリエイティブに』というものがあります。このクリエイティブという言葉は、家でゆっくり自由に仕事をしたいという訳ではなく、自分でしっかりと時間を作って好きなことをなんでもしたいというものです。
輸入バイヤーの仕事はPC1台とネット環境さえあればできます。すると、自分で職場やスケジュールをコントロールできます。そうして生み出された時間を使って、モデル業や司会など、本当に自分の好きなことをすることができるんです。

仕事をしていて楽しいと感じる瞬間は?

僕は仕事の楽しさは、『情熱』『ワクワク』『感動』を皆でシェアできるところにあると思っています。例えば、売上を達成した瞬間、自分たちで考えた企画が成功した瞬間を皆でシェアして喜ぶことができるのは最高の瞬間ですよね。
もちろん仕事は辛いことも多いです。しかし、その辛さ・大変さがあるからこそ『ワクワク』や『感動』があると思います。仕事はチームでするからこそ、皆で感情をシェアすることができる。それはとても素敵なことだと思っています。

好きを仕事にする方法は?

まず 好きなことをまず見つけるためには、『非日常を体験する』ということが非常に重要だと思っています。普段の生活を何気なく繰り返していては、発見は何もありません。しかし、例えば自分の苦手なことに挑戦してみる。普段行かないところにぶらっと行ってみる。すると、そうした非日常から『好き』が見つかる瞬間があるのだと思います。
そして好きを見つけてから、それを仕事にする方法としては“その職業がないなら自分で作る”という発想も必要なのかなとも思っています。今の時代、アルバイトでも生計を立てることができます。そんな中で、個人事業主として活動しても良いですし、そもそも自分が「こんな職業あったらいいな」と考えたものって、調べてみたらあったりする。そうゆうように徹底的に『好き』を仕事にする方法を追い求めることが重要だと思うんです。

最後に大学生にメッセージを!

『就職先を見つける前に、自分を見つける』ことが重要です。自分はなんでもできるんだという自信を持つと、たいてい自分が思い描く未来は実現すると思います。
就活でも例えば、直接企業に電話しちゃうということもしていいのではないでしょうか。内定を取得する方法で一番有効なのは社員と仲良くなるということですよね。小さい企業なら尚更です。

また就活生だけではないですが、「面白いと思った人に会いに行く」ということが重要だと思います。質の高い情報は直接しか得られない。ネットにある情報だけでは、リアルに感じることはできません。人の考えを聞く事を通して、自分の価値観を見つめ直す。そのようにして『自分を見つける』ことが重要です!
頑張ってくださいね!!

インタビュアーの感想

土屋さんは自分で仕事をしている起業家であり、本当に自分の意思をしっかりと持っている方だと感じました。
このインタビューでは『好き』をテーマに話を聞いていますが、『非日常を体験すること』と『面白いなと思った人には会いに行く』ということは非常に重要な要素だと改めて知ることができました。
今の時代、Facebookのメッセンジャーを使えば誰にでも会いにいける時代です。
他人の考え方を聞くことで、同時に自分の考えを見つめ直す機会になります。
ぜひ色々な非日常を積極的に経験し、色々な人に会いに行き、自分の人生をより良い方向に持っていく努力をしましょう!
僕も頑張らなくっちゃな(^^)!

土屋さん、インタビューさせて頂き誠にありがとうございました!!
土屋さんのFacebookはこちら!

この記事が気に入ったら
いいね !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)