大学1年生から就活を行うと聞くと、非常にハードルが高く感じるかもしれません。
しかし、この準備期では主に他人がしないことを経験することで、就活時に話す内容の深みが増します。
この探索期では、『業界』『職種』を理解することで“自分の興味”を明確化させます。これは自分に合った企業に入社することに欠かせない過程ですので各ステップを大切に活動してみてください。
大学3年時から自分の企業探しの軸を明確にしておく作業を終え、同時にES作成面接のテクニックを習得しておくことで、就活スタート時に他人とは圧倒的なスタートダッシュの差をつけることが可能になります。
就活がいよいよスタートした際に有効な就活イベントを見極めて参加することで、複数内定が可能になります。
また、就活を進める中で落ちる要因を排除するために積極的に他人に意見を求めることで内定獲得率を上昇させましょう。